« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

辣韮

辣韮=らっきょう

らっきょうが好きです!

私の夏は塩で漬けたらっきょうで始まります。

厳密に言うと、塩水で漬けます。

まず、失敗しません。

シャキシャキの歯触りが何とも言えません。

ビールも美味しくなります。

でも、作るのは大変です。

泥らっきょう5キロ分も漬けるのは1日がかりの大仕事です。

頑張る割には、夏休みの終わり頃には食べ終わってしまいます。

去年はさぼりました。

今年もどうしようかなぁと迷っていたら、
姑から電話がありました。

漬けてあげるよ~って。

お願いします!!

ということで、塩水につかったらっきょう、
昨日もらってきました。

インスタントコーヒーの大瓶4つ分!

あぁ、なんという幸せ。

甘くないらっきょうなんて、お店では手に入りません。

今朝の食卓に載せましたが、
外出する夫と子どもたちは、はしをつけませんでした。

外出の予定のない私だけが、
いつまでもパリパリパリパリパリパリ・・・・・・・

ご飯が進むこと!

今日は書類の整理と梅雨の合間の大掃除。

カーテン洗って、ホットカーペットを干してしまう予定です。

お昼にもらっきょうを食べられると思うと
頑張れます。

塩らっきょう、好きな方います?

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

「子どもの教育費これだけかかります。」

監修した本が出版されました。   

明日には書店に並ぶそうです。

「子どもの教育費これだけかかります。」1_3     

発行:日労研
発行:日労研編集部
定価:1300円(税別)


表紙には秘密があります。
ぜひ、手にとって、かわいい秘密を見つけてくださいね!

amazon、楽天、
日労研HPでも購入できます。

日労研さんはじめ
編集など本作りに関わってくださった方達に感謝です。

| | コメント (0)

夏を感じるとき

かたつむりを見つけました。
20090624_1557
でんでんむし、と呼んでいた子どもの頃から
なぜか、好きでした。

一度3匹ほどつかまえてきて
プラスチックの飼育箱に入れておいたら
数日後に虫がわいた~~!!!   と、
大騒ぎ。

なんと! 子どもが生まれていました。

どれが、母さんでんでん? と観察してもわからず・・・

見た目で判別する方法を昆虫図鑑で調べると
雌雄同体だということがわかりました。

だから、余計に、今回の母さん役はどれだろう?と
知りたくなって観察するのですが、
とうとうわからずじまいだったのでした。

| | コメント (0)

2009年6月20日 (土)

奨学金の話

3月中旬から6月上旬まで、高校で話をすることが続きました。

進学にかかるお金に関する内容です。

高校でする進学費用の話は、目の前にせまった入学時の費用をいかに用意するかという話が、大きなウェイトを占めます。

子どもが小さいうちは、大学入学までに300万は貯めましょう、とか
余裕を持って500万円は貯めたいですね、とか
貯める話が中心です。

でも、高校3年生やその保護者向けには、
入学時の費用が不足している場合に、
その不足分を補うための具体的な手法の話になります。

「借りる」ということになるわけですが、
生徒も保護者も知りたがるのは、奨学金の話。

ローンは嫌でも、
「奨学金」なら抵抗感がないという人が少なくありません。

進学してさらに学びたいと真剣に考えている高校生が、
奨学金によって、学ぶ機会を作り出せるのは素晴らしいこと。
奨学金は有意義に使ってもらえて、お金も喜んでくれるでしょう。

でも、返済プランを理解しないまま、
社会に出てからのライフプランを置き去りにして
安易にお金を借りるとはどういうことなのか・・・・

返済プラン、ライフプラン、
就職や結婚のことまでも含めて
伝えたいことは山ほどあるのに
1時間やそこらでは、伝えきれません。

どうすればいいのでしょうか。

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

携帯電話で目が飛び出た話

自宅の電話料金がいつもより高めでした。

明細をチェックすると、特定の携帯電話に何度もかけています。
しかも1回あたりが長い。1時間を超えているのすらあります。

・・・・・・・・・?

私には、その電話番号に覚えがありません。
夫も私も相手が携帯電話なら自分の携帯電話を使うし、
私達の交際範囲にある人に電話をかけるときは、ほぼ100%
相手の自宅の固定電話にかけます。
固定電話から携帯電話への通話は料金が高い、と
思っているからです。

そこで、携帯電話の明細もインターネットで見てみました。

わが家の携帯電話は3台。
夫と私と高校生の長男です。

夫と私はいつもと変わらない料金でした。

ところが、長男の請求額を見て私の目は飛び出てしまいました!

長男は、メールなどパケット使い放題のプランを
くっつけて、毎月9000円ほど。
通話は前回の請求まで月額100円を切っていたのです。
つまり、メールと携帯専用のサイトの利用がほとんどということです。

それが、いきなり通話料金だけで2万円を超えている!
いつもの200倍以上です。
そして、通話先は、家の電話料金を高くした宛先がほとんどでした。

う~ん、これは本人と話をしなくては! 
ということで、早速、長男の携帯にメール。

「携帯電話の料金で相談があります。夕食後に時間を取るように。」

予定よりも遅く帰宅したあげくに、夕食も時間をかけて食べます。
話なんてしたくないというのがありありと伝わってきます・・・

しびれを切らして、電話の相手先を聞くと、
どうやら好きな女の子がいて、その子にかけているとのこと。

で、しょっちゅう電話しているものだから
電話料金が気になって自分でチェックしたら
自分でもその高額さに驚き、
月の半ばで携帯電話での通話をやめて
自宅の電話を使うことにしたということでした。

ま、好きな人ができたのなら、
メールよりも声を聞きたくなるのは当然かぁ

とはいえ、この料金、
親が持つのもどうかと思うが・・・と問いかけたら、
すでに自重しています、様子を見て欲しい
ということで、取りあえずペンディング。

一応、私としてはおこづかいで分割払いしてもらいたい、
という要望を伝えました。

そもそも、携帯電話の料金の仕組みを
理解していないことに問題があり、
それは、契約時にもらったパンフレットや
説明書をきちんと読んでいなかった
長男に原因があるからです。

固定電話同士で市内通話なら3分10円
(これは昔の話で今は8.5円(税別))、
でも携帯電話同士の通話はもっと高いし、
固定電話から携帯へは更に高いんだからね!

よぉ~く説明書読んでね!!! という母の言葉に、
いつになく神妙な顔でおとなしく話を聞いていた長男でありました。

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

こどもちゃれんじbaby

こどもちゃれんじbabyの1歳3カ月号
育児情報誌「おやこですくすく」を、ちょぴりお手伝い。

『ふたり目』気になるお金のあれこれということで
ふたり目を産むにあたっての、お金面を話しています。

私自身は、当時、巷で言われていた「ふたり目の不妊」かも・・・
子どもは3人欲しいと思っていたものの、ひとりで終わりだろうなと
思っていた矢先にふたり目の妊娠がわかって、
お金のことなんて考えもせずに産んでしまいました。

共働きだったし、働き続けることは
夫、夫の両親、実家の親・兄弟にも断言していて
周りに応援してもらっていた
(最初はあれこれ言われましたが)ので
そう言う意味でも心配はほとんどしていませんでした。

はずみ(?)で3人目も産んだわけですが、
子どもが大きくなるに連れて、
子どもってお金がかかるなぁという実感はあります。

そうは言っても、子ども費は単純に3倍にはなっていません。
洋服やおもちゃはお下がりで用が足りることもあるし、
おもちゃや本も同様です。

長男と次男は同じ少年野球チームに入っていたので
ユニフォームもそのまま使えたし、
使い回せるものはけっこうありました。

今、高校生・中学生・小学生の男の子が
3人いると、なんと言ってもかかるのは食費です!

男の子3人の食欲は、見ていて気持ちいいというか
え?まだ食べるの?おかわりするの?おかずも欲しいの?
さっき軽食食べたばかりなのに?
このうえデザートまで要求するの?? 
いい加減ににしなさい!と
気持ちよさなんてとっくに通り越している状況。

このところ、あまりに食欲が恐ろしくて
寿司も焼き肉も連れて行っていません。

特に中学生の次男は、よく食べます。
弁当箱は、売っている中で一番大きかった
1.3リットルのもの。

ご飯がほぼ2合入り、おかず入れはその7割ほど。

これで足りないこともある・・・と言われて
おにぎりを別に持たせることもあります。

教育費も心配ですが
わが家は食費が一番の問題ですね。

ちなみに、女の子のママと話すと
信じられない、という顔をされ、気の毒がられます。

女の子だと食費はあまりかからないってことでしょうか。

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

出ました!

「女の婚活バイブル」

「男の婚活戦略」

PHP研究所発行の本、ちょっぴりお手伝いさせていただきました。

  [図解]リアルにわかる
    
幸せになる!女の「婚活」バイブル

  [図解]10倍効率アップ
    
うまくいく!男の「婚活」戦略

いずれも監修は

  「パラサイトシングル」で有名な山田昌弘氏と
  「『婚活』時代」の白河桃子氏。

私は、「お金」のことについてアドバイス。

  「婚活女子が知っておきたい 結婚後のマネープラン」
  「婚活男子を勇気付ける 結婚後のマネープラン」

                  お役に立てれば嬉しいです。

いやはや、それにしても、読んでみておもしろかったこと!
何だか私も結婚できそうな気になってきました。
いや、20年いっしょの配偶者はいるんですけどね。

お見合いも合コンもしたことがなく、わりとあっさり配偶者と一緒になったものですから、この本を読んで、そうか、こうやって自己アピールをするんだ、とか、とにかく参考になりました。

まぁ、今の私は、「婚活」を他のものに置き換えて読むことになるわけですが、本当に勉強になります。

土曜日、町田の有隣堂をのぞいてみました。
レジ近くの棚の一番上、よく目につくところに1冊ずつありました。数冊重ねて置いてあった様子なのに1冊ずつですから、売れているということなんでしょうね。

定価は各1300円(税別)です。

| | コメント (2)

2009年6月 3日 (水)

わたしの○○年齢は中学生!

虫歯はっけ~~ん!

ということで、急ぎ歯医者へ行ってきた。

先生の見立てだと、昔(たぶん20年くらい前)かぶせた金属が劣化して亀裂が入り、そこから虫歯が進行したらしい。全然痛くないからサッと削ってチョチョイと詰めてもらえれば、それで終わりだろうと考えていたら、甘かった。

なんと、虫歯になったのは、私の歯の磨き方に問題があるからと言うではないか!歯の磨き方を細かくたずねられたので、研磨剤が歯を削るのが良くないと聞いたから研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うし、そもそも数日に1回しか歯磨き粉は使わない、と回答。

もちろん歯ブラシはあてるのだが、歯磨き粉を使っていない分、時間をかけてシャカシャカとする。洗面所にいると退屈するので、居間で新聞読んだりテレビのニュース見ながら、朝晩それぞれ10分くらいは磨いている。歯間ブラシも糸ようじも使い、歯の隙間もていねいに掃除しているつもりだった。

先生は言った。「力が強すぎるんだろうね~!」

何でも、圧力が500グラムを超えると(圧力ってグラムで表すんだっけ?)歯が削れるらしい。金属が劣化したところを、私の力で更に痛めつけたと言うことだ。

レントゲン写真を撮ったところ、同じようになっているのが3箇所もあったのだが、幸い、穴はまだ浅く、数回通えば大丈夫とのこと。やれやれ・・・

歯はそんなことであったが、レントゲン写真を見て先生が驚いていた。歯周病がまったくなく、歯の根と歯肉は中学生と言ってもいいくらい若いらしい。

ふ~ん、若いんだ・・・

中学生の頃から、「奥さん」と呼ばれるくらい老けていたのに、歯茎は若いのね・・・歯医者さん以外に見せることもないし、自慢できるものでもないよなぁ。

喜んでいいのかな?

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »