« 出ました!

「女の婚活バイブル」

「男の婚活戦略」
| トップページ | 携帯電話で目が飛び出た話 »

2009年6月16日 (火)

こどもちゃれんじbaby

こどもちゃれんじbabyの1歳3カ月号
育児情報誌「おやこですくすく」を、ちょぴりお手伝い。

『ふたり目』気になるお金のあれこれということで
ふたり目を産むにあたっての、お金面を話しています。

私自身は、当時、巷で言われていた「ふたり目の不妊」かも・・・
子どもは3人欲しいと思っていたものの、ひとりで終わりだろうなと
思っていた矢先にふたり目の妊娠がわかって、
お金のことなんて考えもせずに産んでしまいました。

共働きだったし、働き続けることは
夫、夫の両親、実家の親・兄弟にも断言していて
周りに応援してもらっていた
(最初はあれこれ言われましたが)ので
そう言う意味でも心配はほとんどしていませんでした。

はずみ(?)で3人目も産んだわけですが、
子どもが大きくなるに連れて、
子どもってお金がかかるなぁという実感はあります。

そうは言っても、子ども費は単純に3倍にはなっていません。
洋服やおもちゃはお下がりで用が足りることもあるし、
おもちゃや本も同様です。

長男と次男は同じ少年野球チームに入っていたので
ユニフォームもそのまま使えたし、
使い回せるものはけっこうありました。

今、高校生・中学生・小学生の男の子が
3人いると、なんと言ってもかかるのは食費です!

男の子3人の食欲は、見ていて気持ちいいというか
え?まだ食べるの?おかわりするの?おかずも欲しいの?
さっき軽食食べたばかりなのに?
このうえデザートまで要求するの?? 
いい加減ににしなさい!と
気持ちよさなんてとっくに通り越している状況。

このところ、あまりに食欲が恐ろしくて
寿司も焼き肉も連れて行っていません。

特に中学生の次男は、よく食べます。
弁当箱は、売っている中で一番大きかった
1.3リットルのもの。

ご飯がほぼ2合入り、おかず入れはその7割ほど。

これで足りないこともある・・・と言われて
おにぎりを別に持たせることもあります。

教育費も心配ですが
わが家は食費が一番の問題ですね。

ちなみに、女の子のママと話すと
信じられない、という顔をされ、気の毒がられます。

女の子だと食費はあまりかからないってことでしょうか。

|

« 出ました!

「女の婚活バイブル」

「男の婚活戦略」
| トップページ | 携帯電話で目が飛び出た話 »

仕事は虹色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出ました!

「女の婚活バイブル」

「男の婚活戦略」
| トップページ | 携帯電話で目が飛び出た話 »