« あぁ、読書感想文 | トップページ | 学校へ行ったぞ~! »

2009年8月19日 (水)

おばさんと呼んで!

次男の部活仲間がふたり、夏休みの宿題をしにやってきました。

音楽と社会の宿題を1日で片づけてしまおうということのようです。

音楽は、バロック時代の音楽家について調べ、A3の用紙に壁新聞のようにまとめるのだとか。

クラシック音楽は私も夫も好きなので、CDや本がいくらかあります。私は、高校時代、弦楽部に所属していて楽器も持っています。バロックから古典派を中心に弾いていたので、これはおもしろそうだと思い、インターネットの検索などを少々手伝いながら、同じ部屋で仕事をしつつ、様子を見ていました。

参考になりそうな本を10冊ほど渡したのですが、3人ともペラペラとめくったものの、まったく読まず。インターネットの百科事典ウィキペディアを中心に読み、写真を印刷してくれだの、拡大コピーしてくれだの、電子機器を上手に使っていました。

まる写ししちゃだめだよ、ちゃんと自分の言葉で書いてね、と、けっこうしつこくアドバイス。三男が読んでいる小学生新聞を見せて、表題や強調の方法、段組みなどをレクチャー。

反抗期まっさかりの次男も、友達が一緒だと話を聞きます。友達って、なんてありがたいのでしょう!感謝感謝です。

男の子同士、宿題とは関係のない話もあれこれ飛び出し、朝9時から夜7時まで、みっちり宿題をしていました。結局、音楽を終わらせるのが、やっとだったのですが。

それにしてもオカシかったのは、私の呼び方。

最初、「オカアサン」と呼ぶので、「私はアンタ達を生んだ覚えはないんだけど。」とO君とH君に回答。

すると、次に「オネエサン」と呼ぶではありませんか!

オネエサン・・・って、ねぇ・・・、びっくりしました。

友人のお母さんを「オネエサン」と呼ぶなんて、日本語乱れ過ぎ!

私は「オバサン」と呼んでほしいと説明したのですが、中学生たちは、そもそも年齢のサバをよまず、若く見せようとしない人に初めて出会った、オバサンと口にすることは失礼なことだと思うので呼べないと言うのです。

私は彼らのお母さんより年上らしく、しかも年齢相応の外見をしています。若く見えるわけではありません。

結局、中学生たちは、オバサンという言葉は、ときどき口にしていましたが、私の名前から「ナオサン」などと呼んでいました。

気を使っているつもりなのでしょうけれど、なんだかなぁ~・・・と思います。

オネエサン、って、呼ばれたいですか?

|

« あぁ、読書感想文 | トップページ | 学校へ行ったぞ~! »

湘南スリーボーイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あぁ、読書感想文 | トップページ | 学校へ行ったぞ~! »