« 江の島の花火が・・・! | トップページ | PCデポのお兄さんに感謝 »

2009年8月 6日 (木)

子育て支援・・・って?

選挙が近づいています。

どの党も似たり寄ったりのマニフェストに感じます。

今のところ、堅実で実現可能なマニフェストは共産党かなぁと思っていますが、投票日までは、各党のマニフェストがどれだけ私たちの生活と将来を明るくしてくれるかをよく見ていきたいと思います。

小さなお子さんを持つママから聞いた話ですが、出産育児一時金が30万円から35万円になった頃に出産したところ、病院への支払額はしっかり値上げになったとか。

出産は、健康保険に範囲外で、病院が自由に値段を設定できるわけですから、さもありなんです。

今回、出産育児一時金の値上げを提案している党がありますが、出産費用の安い病院を探して、出産育児一時金との差額をプールしておこうと、パパ・ママが考えたとしても、それは難しいかもしれませんね。

子どもが小さい頃の教育費の支援も盛り込まれていますが、中学生までの教育費はたかが知れています。子どもが生まれると、あぁ、なんてお金がかかるんでしょう!と感じるのは当然で支援を期待したくなる気持ちはわかりますが、高校以降の教育費、とくに高校卒業以降の教育費と中学までの教育費では、とても大きな差があります。

なんだかんだと言っても、中学までの教育費は、直接学校に払う分がないだけ、なんとかなるものなのです。

学校外、つまり塾や通信教育費をかけたくなるのは、その後の教育費が不安だから。小学校や中学校を受験させたくなるのも、将来が不安だから。

御相談にみえるご家庭の話から、不安感はキーだと思っています。

高校や大学、専門学校の教育費の負担が、今ほど大きくなければ、問題はずっと小さくなるはず。

だから、自分の意思で、勉強をしたい、進学をしたい、と考える学生を、もっと応援してもらいたいと思います。

親の所得格差によって教育の機会が平等でないのは、社会の損失ではないでしょうか。皆さんは、いかがお考えになりますか?

|

« 江の島の花火が・・・! | トップページ | PCデポのお兄さんに感謝 »

仕事は虹色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江の島の花火が・・・! | トップページ | PCデポのお兄さんに感謝 »