« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月26日 (木)

弁当と朝寝坊

長男は弁当不要らしく、次男はインフルエンザによる学級閉鎖で在宅、三男は風邪で休んでいます。

弁当を作る必要もなければ、学校に行くための世話を焼く必要が、まったくない2日間でした。

緊張の糸がゆるんだのか、なんと、昨日も今日も、ハッと目覚めたら、7時!

目覚ましを5:55、6:00、6:05の3回に分けてなるように設定しているのですが、普段なら5:55には布団から這い出します。

6:30までに弁当と味噌汁を作り終えるのが、毎日の目標。
6:30から10分間テレビ体操をして、その後に朝食のおかずを作り、7:00には家族で食卓に着けるようにしておきます。

高校生は学校に食堂があるので弁当を作りそびれても何とかなりますが、中学生は何が何でも弁当を持たせなくてはなりません。だから、寝坊するわけにはいかないのです。

でも、わが家には、夫という、一番大切な存在がいるのに~~~

昨日も今日も、ゆとりがあるはずだったのに、朝食を満足に作れず、かろうじて味噌汁は作ったものの、おかずは納豆だけ・・・なのでした。

次男の学級閉鎖は今日まで。三男も元気になりました。

明日は寝坊しないように、目覚ましの音を大きくセットしたところです。
どうなることやら・・・

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

インフルエンザはいずこへ・・・

土曜日から3日間高熱の続いた三男。
起床と共に熱を測り、まったくの平熱とわかると、顔つきがにこやかに。

あ~、これは、キャンプに行けるつもりになっているな、と、私は心配に。

キャンプ初日、私は自宅で仕事なので、もし、キャンプ場で体調を崩しても迎えに行けますが、二日目はキャンプ場と反対方向の遠方で打合せがあるので、ちょっと困ったことになります。

受診の結果、「季節性のウィルスによる胃腸炎」だとわかると、三男は医者の前で満面の笑顔を我慢している様子。

あ~、もうダメだ。医者の力を借りてしまおう!

実は明日からキャンプなのですが・・・と切り出した瞬間、医者がダメ出しをしてくれました。

熱が下がって元気になったように見えるけど、温かくて柔らかいものをしばらく食べて、ゆるゆると治していくんだよ。キャンプでカレーなんて刺激物食べちゃダメだ。今回は我慢しなさい、って。

10年お世話になっている先生に言われて、三男は、おとなしくうなずきました。

・・・が!

処方箋持って近くの薬局へ着いた頃には、顔が白くなっています。態度も荒れてきました。

帰宅した頃には、すっかり病人の姿に。

手洗いとうがいをすませて、もらった薬を飲んだら、すぐに布団に入ってしまいました。

病は気から・・・と言いますが、本当にそうなんだという姿。

落ち込んでいる姿に、どう声をかけたものやらわかりません。

それでも、夕方には、いっしょに「かまど係」を務める友達に電話をしていました。「よろしく頼むよ。」って。大人びた言い方がおかしかったのですが、「ありがとう。」という声も聞こえ、友達が三男を気遣ってくれたのだと思うと、まだ5年生なのに、なんだしっかり育っているんだなぁと嬉しくなりました。

中学生の次男は、またまた学級閉鎖になったらしく、お昼前に帰ってきましたが、本人はいたって元気。わが家の子どもたちはインフルエンザそのものには縁がないようで・・・

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

インフルエンザかも・・・

三男が、土曜日から発熱。39℃台です。

とはいえ、ぐったりしているわけではなく、意識もしっかりしています。

おまけに、嘔吐しているというのに、お腹が空いたと何か食べたがる始末。

これなら心配ないか・・・と、予定通り、仕事に出てしまいました。

同じく仕事だった夫が、昼まで在宅してくれると言うし、お昼には部活の次男が帰ってくるし、ひとりぼっちの時間がなさそう、という安心感もありました。

口うるさい母は留守。病気を理由に甘やかしてもらって、楽しい時間を過ごしたようです。

日曜日も熱は下がらず、でも、ゼリーやらおかゆやらを口にし、子ども部屋で寝ているのが退屈だからと居間に来てごろごろしながらテレビを見ます。

さらに、祝日の今日は、熱が37℃から38℃をいったりきたり。土日よりも体が楽になったらしく、夕食の鍋はいっしょに囲みました。豆腐と柔らかくなった白菜だけを許可しましたが、肉を食べられずに少し残念そう。

実は、甘やかしたのには理由があります。

水曜日から1泊2日、学校行事でキャンプがあるのです。でも、この調子ならたとえ熱が下がっても、参加させるわけにはいきません。はりきって出し物の練習をしていたようなので、参加できずに本人ががっかりしているだろうと思うと、どうしても甘くなってしまいます。

先日は、学級閉鎖・学年閉鎖と続き、その間は元気いっぱいで退屈していましたが、ひとり時期をはずして体調を崩すなんて、仕方ないとわかっていますが、う~ん・・・です。

キャンプの集合場所にいっしょにいく友達に、僕が行けなくなったことを連絡してもらえる?先生にも明日中に伝えてね、と、周りを気遣えるようになった三男に、ちょっぴり感心しつつ、だからちゃんとうがいしておけばよかったのに~などと、今更口には出せない言葉を、飲み込んだ母なのでした。

あ、インフルエンザかどうか調べてもらうためにも救急医療センターを受診しようと考えたのですが、「ものすご~く混んでいます!」と電話で言われたので、週末の受診はやめてしまいました。明日、かかりつけの小児科へ連れて行くつもりです。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

All About オールアバウト プロファイル

調べ物があるとき、インターネットも利用します。

で、探しものの答えの候補がいくつかあるとき、「オールアバウト」というサイトは、なるほど、と思える内容であることが多くありました。

その「オールアバウト」から、探しものをしている人たちに答えを提供できる専門家として登録しませんか?というお誘いがありました。

個人でブログを書いたり、仕事仲間でホームページを作っていても、仕事の問い合わせがジャンジャン来たことはありません。宣伝が下手なんですかね・・・

そういえば、独立したばかりの頃、新聞に折り込みチラシを入れたことがありましたが、「ファイナンシャルプランナー」を「ファイナンス:お金かしてくれるの?」、「保険の分析5000円から」を「保険に5000円で入れてくれるの?」、両方合わせて、「お金を貸してくれて返済は5000円からでいいの?」という、よくわからない問い合わせばかりが続き、折り込みチラシは挫折したのでした。

自分のことを知ってもらうって、難しいですね。

結局、費用がかかることだし迷ったものの、
オールアバウトプロファイルに登録することに決めました。

自分の強みを、どのようにパソコンの向こう側にいる人にお伝えするか、というノウハウはお任せ下さい!と心強い言葉をもらったからです。

自分が利用する側であったときに、なるほど、と思えることが多かったこともありますし。

来年の2~3月の画面リニュアルに合わせて登録します。

このブログとも連動させて、役立つ情報をどうやって提供していくか・・・

頑張りますので、お楽しみに~

| | コメント (2)

2009年11月13日 (金)

マンドリンの音色はいかが? (終了しました)

友人達の演奏会をご案内します

マンドリンコンサート2009

~南高マンドリンギター部OB合奏団~

  11月15日(日) 13:30開演

  横浜みなとみらい小ホール

  無料(当日先着順)

      アマディ:海の組曲
      アンダーソン:ラッパ吹きの休日
 

      森 090-2933-8934

*2009横浜国際女子マラソン大会開催のため、周辺道路で一部時間帯に交通が規制され混雑が予想されますので、公共交通機関でのご来館をお勧めいたします。(みなとみらいホールHPより)

マンドリンの音色、懐かしい響きが素敵です。

高校で始めてプロになった人もいますから、腕は確かだと思います。

ぜひ、お運び下さい~!

| | コメント (0)

昔の音楽テープ

30年ほど昔、音楽はレコードやカセットテープで聴いていました。アナログ、ですね。大切に保存しないとレコードもカセットテープもカビが生えてしまいましたし、カセットテープは伸びてしまって音楽も伸びてしまいました。

時々、虫干しというか、カビを生やさないように、大事なものが録音されている音楽テープは聴いていますが、全部を聴くのはかなり大変です。

そこで、アナログの音楽をパソコンに取り込んで、今以上に劣化しないようデジタル化したいと思っていましたが、どうすればいいのかわからず、数年前に調べたときには1本1000円ほどでデジタル化してくれる業者の存在だけはわかりました。でも、音楽テープだけで100本ほど。ついでに、子どもを写した8mmビデオのテープもデジタル化を目論んだのですが、予算面で折り合いがつかず、思い立ってから数年が経ってしまいました。

その後も、時々、思い出しては、業者の値段が下がっていないか、素人でもできるような装置が売り出されていないかインターネットで探していたのですが、つい、先頃、数千円で8mmビデオテープをデジタル化できるコードとソフトウェアを発見。

購入して早速ビデオをパソコンに取り込むことにしました。WindowsXPとVIstaに対応しているということだったので、Vista搭載のPCを使うことに。VIstaマシンは今年購入したばかりなので、5年前のXPマシンよりもCPUの性能が高く、メモリも大きいのです。きっとサクサク作業できるぞ~と思ったら、なぜか、取り込んだ音にノイズが入ってしまいます。

マニュアルを見たり、製造元のヘルプデスクにメールを出して回答をもらったのですが、原因はわからず。しかたないので、XPマシンで試してみると、動作はやや遅いものの、ノイズ無しで取り込むことができました。少し画像が荒い感じがするので、これから調整しようと思いますが、自宅で取り込めることがわかったのは大収穫でした。

画像と音声を一緒に取り込めるのだから、音楽テープも同じ要領だろうと考えて、手元にあったオーディオケーブルでカセットテープとPCをつないでみたら、できたんですね~

高校生の頃(四半世紀も前です)、県立音楽堂で弾いたベートーベンの交響曲7番をパソコンに取り込み、聴くことができました! ちょっとよろよろした感じがするのですが、演奏の腕がそうだったのか、それともテープが伸びているからなのかは不明です。

音楽テープもビデオテープも、再生速度は1倍にしなくてはなりません。つまり、120分のテープなら、前後の作業も含めて150分ほどもかかります。1日1本作業をしても、音楽テープだけで3カ月以上かかります。

これからしばらくは、パソコンの空く夜中に、デジタル化作業をコツコツとすることになりそうです。

若かりし頃の音楽を聞いても懐かしさで胸がいっぱいになるのですが、今日は、生意気盛りの中1次男の小さい頃の映像を見てしまい、かわいかったんだなぁ~と、これまた胸がいっぱいに。

弁当箱を「ごちそうさま」と自ら出してこないことを腹ただしく思っていたのですが、ま、いっか~と思えてしまったのでした。恐るべし、昔のかわいい映像!

| | コメント (2)

2009年11月 3日 (火)

『子ども手当』は、子どもの未来へのプレゼント

ベネッセ教育情報サイトで、教育費について書いています。

所属している「子どもにかけるお金を考える会」の仲間達と持ち回りです。

先月10月6日は私の担当でした。

「『子ども手当』は、子どもの未来へのプレゼントにしよう」
http://benesse.jp/blog/20091006/p2.html

国の借金である国債は、なんだかたくさん発行されてしまいそうですし、今は嬉しい子ども手当が、将来はドンと老齢になった私や、大人になった子どもたちにツケとしてまわってきそうで怖いです。

だから、ちゃんと考えて、頑張ってやりくりしましょうね。というお話しです。

今は、江戸っ子になってはダメです。宵越しのお金を大切に使っていきましょう。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »