« 私もわからない・・・ | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月16日 (水)

「2012」と「為替」

息子達が映画を見てきました。

「2012」

私は一緒に行っていないので、詳しい内容を知りません。わかっているのは、惑星直列で地球が滅びるらしい・・という、子どもの説明だけです。

帰宅後、小5の三男が、電卓を出してきました。

「ユーロって何円?」

新聞を開き、ドルやユーロや他の通貨のレートが書かれている欄を見せました。

その日は、だいたい132円くらい、ということで、なにやら計算をしています。

「う~ん、こんなに安いわけはない、おかしい・・・!!」と、ぶつぶつ言いながら、電卓を何度もたたいていました。算数の宿題よりも、熱心です。いつまでも放り出さず、しまいには、

「どうしても知りたいことがあるから、「2012」のストーリーを教えるので、僕の疑問に答えてよ」と言い出したのです。

私は断りました。

SFが好きで、この映画も1000円で鑑賞できるレディースデイに観に行くつもりだったからです。

映画の中で、ユーロ表示の値段が出て、それが日本円でどれくらいか知りたいと言うことなのだろうと想像しましたが、とにかく、映画のストーリーを話してもらいたくありません。

近いうちに観に行くから、待ってよね! と返事をしました。

で、本日水曜日を先週の土日の代休ということにして、午後から映画館へ行ってきました。

三男が知りたかったのは・・・

って、これから映画を見る人が読んで下さっていると申し訳ないので、ここには書きません。

わかったのは、三男は為替の計算そのものを間違えてはいなかったということ。本人が「何で安いんだ~???」と悩んでいたのは、字幕が早く流れるので、字幕の単位の文字を見落としたようです。

つまり、(たとえば)字幕では「1万ユーロ」と書かれていたのに、三男は「1ユーロ」と読んでしまったということです。

だから正しい計算は

10000×132=1,320,000(132万円)

                  とすべきところを、

    1×132=    132(132円)

                  としてしまったのですから、安くなってしまったのです。

さぁ、今日は夕食が終わったら、為替の計算に再度挑戦です!

円安・円高ということも含め、ややこしい(とFPになるまでは思っていました)話を、わかりやす~く伝えてみます。

|

« 私もわからない・・・ | トップページ | 謹賀新年 »

湘南スリーボーイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私もわからない・・・ | トップページ | 謹賀新年 »