« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月19日 (金)

追悼 ホーガン

ジェイムス・P・ホーガンという作家の本が出版されると、かかさず購入して読んできました。

初めて「ガニメデ3部作」を読んだ20歳の頃。小2で父が持ち帰った「宇宙戦争」を読んで以来、SFは好きでしたが、ホーガンの作品は壮大で、現実のしがらみを認識しつつ、主人公達が科学の力によって平和的に生きていくすべを身につけていくように感じられる、私的にはハッピーエンドの作品ばかり。大好きな作家として、本屋に行くと、必ず早川書房と創元SF推理文庫の棚はチェックしていたのでした。

このところ、新作が出ないなぁとは思っていたのですが・・・

今日は、高校時代の友人達に会うために、横浜は伊勢佐木町へ出かけました。中学時代から結婚するまで、本屋と言ったら「有隣堂」というくらい、お世話になった書店の本店があります。

昨年購入した手帳が使いよかったので、来年も使おうと思って探しているのですが、近所のお店では取り扱いがなく、ネットで買わなくちゃ、と思っていたのですが、有隣堂なら文具も充実していますから、取り扱っているかもしれないと期待をして寄ってみました。

欲しかった手帳はなかったのですが、ほとんど中身が同じものがあり、しかもカバーが、好きなブルーグレーだったので、あっさり購入して買い物終了。

少し時間ができたので、中2階の文庫本売り場に行ったところ・・・

「追悼 ホーガン」という帯が掛かっている本がありました。

「えっ?」と思わず声が出ました。

友人達に会う前に、力が抜けてしまいました。

それほど、おじいちゃんではなかったはず!

友人達と3時間近く楽しい時間を過ごし、まだ最寄り駅からバスのある時間に帰宅しました。早速パソコンに向かい、検索すると、7月に69歳で亡くなっていたことがわかりました。

週末、どれか1冊は読み返そうと、本棚から「断絶への航海」を引っ張り出しました。昭和61年に5刷の発行です。紙は茶色ばんで文字がやけに小さく感じます。明日、用事をさっさと済ませて、絶対に読みます。19歳の長男とそれほど変わらない頃に読んだ本を前にして、今、ちょっぴり歳を感じています・・・

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

肩こりは風邪だったようで

金曜日の夕方、パソコンに向かっていたら肩が重くなってきて軽い頭痛が・・・

あ、これは肩こりだと思って仕事を終了。肩を回して背中を伸ばして、ついでにラジオ体操もして元気になったつもりでしたが・・・

土曜日、高校の後輩達である20-30代達が来年秋に演奏会をを予定していて、その練習のための合宿に差し入れに行くことに。我が家からは車で2時間弱、R134をとにかくまっすぐ行けば到着する施設が会場だったので、車を走らせました。途中、あんまり寒いので、ショールを出して首に巻き、コンビニで、貼るホカロンを購入して首の後に貼りました。

夜、帰宅すると、次男の友達が来ており、「あれ?今日、寒いですか?」とショールを巻いたままの私を見て不思議そう。海沿いの風は冷たかった、と答えつつ、子ども達は部屋の中とはいえ半袖で平気そうでしたから、私、そんなに寒がりだっけ?とは思ったのでした。

日曜日、秦野の畑で、秋の収穫祭。鼻がグスグスするのは、山からの冷たい風に刺激を受けているから・・・くらいに思っていました。収穫した大根や人参、里芋達を大鍋で煮込み、畑の脇で豚汁に。道行く人が車のスピードを緩めて、売り物ですか?という目で見ていきます。10種類の野菜とこんにゃくと豚肉の豚汁に、5種類の野菜のサラダを中心に各自持ち寄りのいなり寿司や漬け物、ケーキをお腹いっぱいに食べて幸せなひとときでした。

帰り道、夫の運転する横で、だんだんと体が重くなっていきます。背中がぞくぞくして、肩こりどころではありません。夜はおでん、と子どもに約束していたので、途中でスーパーによって具材を購入した頃には、わたしはもう、おでんなんて食べたくもなく・・・

あらまぁ、次男の友人がまたまた遊びに来ています。中学生とはいえ、やっぱりお客さんには違いないのですが、相手をすることもできずに、私は布団へ直行しました。夫がおでんを作り、アルバイトで帰宅の遅かった長男を除いた男4人で鍋を囲み、友人は20時過ぎに帰ったとか。

21時頃、残ったおでんを食べるか?と聞かれて、暖まりたかったのと、お昼にあれだけ豚汁を食べたのに、空腹を感じたので、起き出しました。昼に収穫した大根が柔らかく煮えていて、おいしかった~!!!

ひととおり食べたあと、熱を測ったら、何と平熱。ぜんぜん熱が上がらないから、悪寒が消えないのでしょうか。首の後と腰に、またまたホカロンを貼ってから布団に戻りました。

で、今朝もまったく起きられず。でも、今日締切の仕事はあるので、お昼には起こしてくれと、代休で自宅にいた次男に声をかけておき、やっと先ほど起きてきました。約束は守らないとね。

反抗期真っ盛りの次男ですが、根は優しいので、お昼ご飯のお給仕をしてくれ、食後のコーヒーも用意してくれました。

あいかわらず悪寒はするし頭痛も少し残っていますが、お腹は元気です。これなら、長引いたりはしません。

さぁ、仕事!に取りかかる前にウォーミングアップしましょう!とブログに向かった次第です。

季節の変わり目、みなさんも風邪などお召しになりませんよう、ご自愛くださいね。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

高齢期の住まい

教育費についてお話をする機会が増えていますが、お子さんが小さい方向けには「貯め方」を、大学進学が目前に迫ったお子さんをお持ちの方には「借り方」をお伝えします。

いずれも、教育費だけの説明にとどまらず、教育費をかけすぎると親自身の老後生活費が足りなくなりますよ・・・ということもお話しします。

稼いでくるお金は、ある程度金額が決まっているのですから、出ていくお金も、総枠で理解する必要があるからです。

老後資金の中で、一番大きなウェイトを占めるのは、日々の生活費です。でも、これは、日々出て行くわけですし、心配ではあるけれど、現在の延長でもあるし、何とかなりそうとも思えるものです。

それに比べて、病気や介護が必要になった場合の医療費や、介護にかかる費用、それに伴って、住まいをどうするかということの方が、予想がつかず、想像もできにくく、不安はふくらむようです。

私自身は、海まで徒歩10分の現在の住まいから、畑を楽しめるもう少し山の方へ住まいを移したいという希望はあるものの、たとえば、高齢者用の施設に入ることは、今のところ念頭にありません。

そうはいっても、ファイナンシャルプランナーとして、ご相談者には、ある程度の情報提供はして差し上げたいし、夫の両親や実家の親のこれからを考えると、特に高齢者の住まいについてはもう少し知っておきたいと考えています。

これまでも、いくつかの高齢者施設を見学してきましたが、今日は、「高齢期のお金を考える会」の方達とご一緒させてもらってワタミの介護付き有料老人ホームの見学に行ってきました。

担当の方が質問に適切に答えてくださって、クーリングオフについても説明があり、後日の質問も可というところなど、好感の持てる対応でした。対応が良かったから、住んでも大丈夫かといえば、それはまた別の話ですが、サービスに自信がなければ、良い対応もできないでしょうから、ひとつの情報としてご相談者には提供していきたいと思います。

一番印象に残ったのは、実は、説明ビデオ。

白髪の女性が、手にマニキュアをしてもらって笑顔でいたのが、そのうち泣いてしまって。嬉しさが極まってしまったのでしょうね。

99歳の祖母といっしょに写真を撮ってもらおうとすると、恥ずかしい・・・と薄くなった髪を隠そうとしたり、口紅を塗って上げると嬉しそうにする様子が思い出されて、仕事で見学しているというのに、私も泣いてしまいそうになりました。

快適な住まいがあって、おいしい食事が用意されて、というだけではない喜びって、あるんだよなぁ~、でも、やっぱり住まいも大事だよな~と思いながら帰ってきたのでした。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »