« 伊豆バイオパークは伊豆アニマルキングダムに | トップページ | 復活~! »

2011年1月 3日 (月)

箱根駅伝を見る あら、徳光さんだ

箱根駅伝、知っている風景が映ると子ども達と話が弾むことと、若者の頑張る姿に感じるものがあり、毎年テレビで見ていました。

が! 今年は一念発起。

「生」で見てみよう! と、海岸沿いの道へ、夫と行ってみました。

R134の選手が走る側の歩道は人で埋め尽くされていたので、反対側の歩道へ渡って見ていました。

遙か彼方に先導のパトカーが見えてきたかと思うと、あっという間にトップの選手が走りすぎ、2番手、3番手と続きました。

スマートに走る選手にも、苦しそうに顔をゆがめている選手にも、団子状態の集団の選手にも、沿道から大きな声援が送られます。

私の隣に立っていた、3歳くらいの男の子を連れた男性は、やってきた選手を指しながら、パパの大学だよ!と子どもに誇らしげに言っていましたが、他の選手にも声援を送っていました。

出身大学が頑張っていれば、当然、応援する方にも気合いは入るでしょうけれど、大学名に関係なく、目の前で頑張っている選手を応援したくなるのも事実。

選手にしてみれば、全力で走ればいいというものでもなく、シード権や順位が気になるでしょうが、観客としては、爽やかに走る若者を見ることができて満足なひととき。

さぁ、私も頑張るぞ!と、何を頑張るのかも考えずに、気合いだけは入れて帰途についたのでした。

帰り道、あれ?どこかで見たことのある人が・・・と思ったら、黄色のジャンバーを羽織った徳光さんだ! 自転車に乗って爽やかに去って行かれました。

若者達も徳光さんも爽やかだ~と、私も爽やかな気分で家に着き、今度はテレビで、日本橋のテープを切る選手を見ました。

気合の入っている母に、子ども達は近寄らず。下手に近寄ったら、おまえ達も頑張れ~!と正月から叱咤されるのは避けたいのでしょうね。ちょっと寂しい母なのでした・・・

|

« 伊豆バイオパークは伊豆アニマルキングダムに | トップページ | 復活~! »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆バイオパークは伊豆アニマルキングダムに | トップページ | 復活~! »