« サンキュ!4月号 | トップページ | 美魔女なママって? »

2011年3月 3日 (木)

横浜の中学校で

横浜市立新井中学校の「“夢”応援卒業プログラム2011」をお手伝いしました。

ねらいは、3年生のキャリア教育の一環でもあり、総合学習による進路指導の発展でもあり、大人との出会いや社会とのつながりのようです。

PTAと卒業生達が、中学生と社会をつなげるために、数年前から活動しているそうで、活動の中でも目玉なのかもしれません。

私は「お金の話」を担当しました。15名ほどの生徒が参加してくれましたが、興味を持って積極的に意見を述べてくれる生徒が何人かいて、つつながく90分間が進行しました。

お金を嫌いな子はいませんし、使ったことのない子もいませんが、だからといって、お金のことを知っていると自覚しているわけでもありません。

お金の役割に始まり、生涯賃金や、年金や税金の話もフムフムと聞いてくれるものの、自分たちに関わりはあるのだろうけれど、いまひとつぴんと来ない様子の生徒もいました。

それでも、高校生に進学費用の話をする際、あぁ、もっと早く知っていれば準備する時間が持てただろうに・・・という思いを抱くことに比べれば、将来への不安と同時に希望も大きく持っている様子の中学生には、同じ年頃の子供を持つ母としても伝えたいことがあり、充実した時間となりました。

もし機会があれば、金利の計算なども実際にしてみると、おもしろいと感じてもらえるだろうなぁと思いました。

お金の話の他、スポーツテーピングの体験や、国土交通省の方の衛星電話体験、プリキュアのデザインをしているイラストレーターの方の講座など盛りだくさんで、つい、わが子の学校はどうなっているのだろう?とうらやましくなりました。学校と地域の大人が連携して、いろいろなことができるといいですね。

|

« サンキュ!4月号 | トップページ | 美魔女なママって? »

仕事は虹色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンキュ!4月号 | トップページ | 美魔女なママって? »