« 江戸川区消費者教室「働く世代の家計管理術」はみなさんとても熱心で | トップページ | とても不快な生命保険の勧誘電話 »

2012年7月24日 (火)

カメが消えた~!

カメがベランダから忽然と消えました・・・

1年以上も前、三男が友人宅で生まれたというカメをもらってきたのですが、なぜか次男が飼い主に。

6歳のネコも次男が飼い主で、エサと水はマメに世話をするのですが、それ以外のことはなかなか重い腰があがらない状態です。掃除などですね・・・

カメは、甲羅の長さが15センチほど。以前、熱帯魚を入れていたガラスの水槽に入れて次男の部屋で飼っていましたが、コツンコツンと甲羅がガラスにあたる音がうるさかったことと、日光浴が必要ということで、春先に、ベランダへ移動したのです。

ところが、コツンコツンが、ご近所への騒音になっていやしないか気になりだして。

どうすればいいのか悩んでいたところ、1ヶ月ほど前に赤ちゃんを沐浴させるベビーバスを深くしたような、カメ専用のプラ舟と呼ばれる水槽をネットで発見したので、即、購入しました(高かった!(泣))。

騒音が気になっていることを発注の際に相談したところ、2センチの断熱材入りを勧められました。音の響きが防げるだろうと納得したのですが、それは、ちょっと甘かった・・・

コツンコツンが続くので、亀を飼っている知人からアドバイスをもらって、人工芝を張ってみました。

それが裏目に出たのか、数時間後にはカメは消えていたのです。

三男曰く、爪があるんだから、登って逃げたんだよ、そんなことくらい想像できるだろって。

・・・もっと早く言ってよね。わたしにはまったく想定外でした。

ご近所に、カメがお邪魔していませんかと尋ね、管理人にカメの落とし物は届いていませんかと尋ねてみましたが、見あたらず。

えさをやろうと近づくと、寄ってくる姿がかわいかったのに・・・

あ、私が飼い主ではなかった・・・

飼い主である次男が淡々としていることが救いです。

|

« 江戸川区消費者教室「働く世代の家計管理術」はみなさんとても熱心で | トップページ | とても不快な生命保険の勧誘電話 »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江戸川区消費者教室「働く世代の家計管理術」はみなさんとても熱心で | トップページ | とても不快な生命保険の勧誘電話 »