« センター試験出願最終日 | トップページ | 帰りの飛行機で考えたこと »

2012年10月16日 (火)

「重箱」in大分

大分に来ています。

夏に亡くなった父のことで、あれやこれやと手続きがあるからです。

約束は明日なのですが、父が最期を過ごした場所の空気を吸ってみようか・・・と、前日の今日、大分にやってきました。

とはいえ、パソコン持ってきましたし(仕事がある)、夕食はコンビニで調達して部屋で済ませるつもりでした。一人での外食も好きではありませんし。

ところで、チェックインしたホテルで見つけたのは「大分出張」というフリーマガジン。大分合同新聞社発行です。

ペラッとめくると、美味しそうな料理が並んでいました。10月までの季節限定モロヘイヤ料理!

モロヘイヤ、好きなんです。

小料理屋のモロヘイヤ料理って、どうなってるんだろ?食べてみた~い!!と、重かった腰を上げ、パソコンのふたを閉めて、出かけました。

開店まで時間があったので、県庁や城址公園のあたりをぐるっとまわって、18時まで時間をつぶして、もとい、父の過ごした大分の空気を味わってから「小料理 重箱」へ。

きれいなお嬢さんたちがいるお店が立ち並ぶ一角に、「重箱」は、ありました。

10月までのモロヘイヤ、今年は夏が暑過ぎて育ちが早く、つまり収穫も早く、あまり日持ちのしない野菜を冷凍してしのいでいたところ、雑誌に載ったことでお客さんがたくさん見えて、もう、無いとのこと。

あぁ~残念!!!

でも、一番人気らしい油揚げの煮びたしをいただき、私の顔くらいの大きさのしいたけの焼き物(私ひとりしかいない時間帯に、お店に届いた!)を出してもらい、お母さんの味をそれはそれはたくさんお腹に入れることができました。

ひとつひとつは、全然華やかではない料理達。

色は地味ですしね。

油揚げやしいたけの色を想像すれば、おわかりいただけると思います。

それが、口に入れた途端に、幸せが広がる~

カメラを持っていたのに、写すことを忘れるくらい美味しくて。

ついで、ではなく、モロヘイヤを食べに、来年の夏は来てみたいと思ったのでした。

|

« センター試験出願最終日 | トップページ | 帰りの飛行機で考えたこと »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« センター試験出願最終日 | トップページ | 帰りの飛行機で考えたこと »