« 「重箱」in大分 | トップページ | 日経にコメント »

2012年10月19日 (金)

帰りの飛行機で考えたこと

九州から帰ってきました。

父は再婚でしたが、父からは直接聞くことのjなかった今の家庭での様子を奥さんから話してもらい、奥さんがいかに父を大切にしてくれていたかがあらためてわかりました。奥さんが優しい人であることは、父本人から電話では聞かされていたのですけれど。

あわせて、30数年ぶりに訪ねた親戚宅で昔話を聞いたり、祖父母の墓参りもできた充実した3日間。

幼い頃に父から聞かされた戦後の苦労話は、きわめて単純化されたものであったことがわかり、あの当時、多くの日本人が同じ苦労をしていただろうと思いつつも、もう少し何とかならなかったのだろうか・・・と、悲しみや怒り、無力感や、もっと父からの話を気合いを入れて聴いておけばよかったという多少の後悔もありますが、苦労を努力で克服してきた父の生き様は胸に迫るものがありました。

加えて、これまでまったく気にかけたことのなかった、祖父や曾祖母の生涯を多少なりとも想像できる話を聴き、少々、重苦しい気分でいます。

というのは、曾祖母は武家に使えていた祖母に厳しく育てられ、その力で嫁ぎ先の家をしっかり守り、子ども達を育て上げたようですし、祖父は、樺太から満州を股にかけて事業を展開していたようなのに、私ときたら家事は手抜き、観光以外で海外に行ったことはないし、仕事に対しての情熱は負けていないぞ!と思ってはみても、何だかスケールが違うような気がするからです。まして、子育ては迷うことばかりですしね・・・

帰宅したら、次男の耳たぶにピアス発見!!!

ぎょっとして、力が抜けてしまい、何も言えませんでした。

翌朝の今朝、夫に穴のことを知っていたか?と尋ねたら、私が九州に出発する前から開いていただろう、何を今更・・という回答に、びっくり。

毎日、息子達の顔は見ていたはずなのに、気づかなかった? どうした、私!!

曾祖母ならどう対応しただろうか? と、もやもや考えているところです。

|

« 「重箱」in大分 | トップページ | 日経にコメント »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「重箱」in大分 | トップページ | 日経にコメント »