« 子どもの貧困 | トップページ | アヤシイ宅配便の正体は »

2014年5月 1日 (木)

自称リサイクル業者は果たして何者か

0120から始まる番号から電話がかかってきました。

リサイクル業者だと名乗ります。

わが家の近隣を回るキャンペーン期間なので、「何でも(大型の家電製品以外)」買い取るとのこと。お皿1枚、読み終わった文庫本、流行遅れの洋服など、ブランド品でない品物でもOKと言い切ります。

流行遅れの洋服なんて、いったい誰が買ってくれるのかと尋ねると、劇団が舞台衣装として買ってくれるそうですし、どのようなものでも引き取り手はあるようです。

でも、説明をする女性の口調にどことなくアヤシイ感じがして、素直に、引き取ってもらう気になれません。

電話で話ながらインターネットで検索すると、同じ名前の会社が全国にいくつもあり、どうみても、まっとうに見える会社ばかりだったのですが。

ただ、個人相手の会社ではなく、会社や地方自治体などを顧客にしている模様。

う~ん、やっぱりヘンだ。ということで、丁重にお断りをしました。

電話の向こうは、かなり気分を害したような声になり、後味の悪い数分となったのでした。

ところが、電話を切った後、電話番号で検索すると、出たのです!

お皿1枚といっておきながら、目的は貴金属にあると感じた人のブログがあり、いくつかの文章から感じたのは、「押し買い」。

まぁ、わが家に来られても、結婚指輪と冠婚葬祭用のパールしかないので、売りようがないのですけれどね。

ゴールデンウィーク中、遠出の予定は無し。例年同様、「中掃除」をしているので、実は、洋服を整理したり、本を処分したりと、出せるものはあったのですが・・・

面倒なことになったかもしれませんから、欲をかかなくて良かったと思っているところです。

おいしそうに見える話には気をつけるように!と、夫と息子達に伝えたところ、不要品を抱えているのはママだけだよな~という反応が、イヤハヤナントモ・・・

|

« 子どもの貧困 | トップページ | アヤシイ宅配便の正体は »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもの貧困 | トップページ | アヤシイ宅配便の正体は »