« 江ノ島を望む | トップページ | 今日の読売新聞「学資保険」 »

2014年8月 2日 (土)

親は大変です

日経BPのセーフティジャパンに原稿が掲載されました。

子どもの進学で退職金が消える

わが子達も含め、学生達には、お金のことを心配せずに学ばせてやりたいと思っています。

とはいえ、今の日本では、高校までにかなりの成果(主に学業成績ですね)を出していないと、給付型の奨学金を利用することは難しいですから、どんなに意欲があっても、家庭に経済的ゆとりがないと、若者は学べない仕組みになっています。

わが子を見ていても感じることですが、子どもは、どこで芽が出るかわかりません。

義務教育である中学までに落ちこぼしのないようにし、もっと、子どもの意欲と成果が連動して上向きになるようにならないかなぁと思います。

今の高校生保護者は本当に大変です。自分の経験では語れない学資の状況があるからです。

大変にならずにすむように、子どもが小学生・中学生のうちに知っておいてもらいたい情報はたくさんあります。

伝える手段は限られていますが、せっせとお伝えするようにしますね。

|

« 江ノ島を望む | トップページ | 今日の読売新聞「学資保険」 »

仕事は虹色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江ノ島を望む | トップページ | 今日の読売新聞「学資保険」 »