« 夏休み終了~ | トップページ | 保育園ママ・幼稚園ママに読んで欲しい »

2014年9月 3日 (水)

Benesse ベネッセ教育サイト に書きました

Benesse ベネッセ教育サイト
教育ニュースに原稿を書きました。

親の財布が見える子、見えない子~高校生による進学費用の相談から

進学資金セミナーや相談会を開く高校が増えているようです。

5年ほど前から、関東を中心に公私立の高校でお金の相談にのっていますが、高校生の生の声を知らない保護者にも多くお目にかかります。

子どもにお金の苦労をさせたくない気持ちはわかりますが、家計が苦しいのだとしたら、その事実から目をそらせるようなことをしてはいけません。

親子で協力することで、乗り切れる方法は、少なからず存在します。

けれど、それをつかみ取るには、助走のための時間が必要です。

親子で時間をかけて用意するためにも、子どもが中学生くらいになったら、家計事情をある程度伝えていきましょう。

家計が厳しいから、進学をあきらめるのではなく、希望に近づける他の方法を少しずつ手に入れられるように。

このところ、子どもの貧困についてはマスコミも多く取り上げていて、気にかけている方も多いのではないでしょうか。

本当に家計が苦しい保護者は、お金を1円でも多く稼ぐことに気をとられ、日々の生活を成り立たせることに苦労しています。気持ちのゆとりも少ないようです。

親が子どもの教育資金に気を回せない分、子ども自身に情報収集などをしてもらうためにも、親の懐事情を伝えられるといいですね。

|

« 夏休み終了~ | トップページ | 保育園ママ・幼稚園ママに読んで欲しい »

仕事は虹色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休み終了~ | トップページ | 保育園ママ・幼稚園ママに読んで欲しい »