« ロマンスカー | トップページ | 次回も聴きたい! リカルド・サンドバル »

2016年11月 5日 (土)

高校生から電話

インターネット上の原稿を読んだ高校生から、質問の電話がありました。

高校が開催する講演会(授業の一環のことが多い)で私の話を聞いた高校生から、質問や相談の電話がかかってきたことは、これまでもありましたが、原稿を読んでの質問は初めて。

「ブロゴスに書いてあった、進学資金を払えなかった具体的なケースについての統計があったら教えてほしい」というものでした。

原稿は、元々ベネッセ教育サイトの教育費をテーマにしているページに書いたもので、そこからブロゴスに提供されていました。

高校生が知りたかった統計は、存在しません。その原稿の質問箇所は、あちこちの高校で講演させてもらう中で先生方から伺った話を書いたものだったからです。

質問の意図を伺う中、原稿は高校3年生に限定した内容だったのですが、そこがきちんと伝わっていなかったことがわかったので、少しお話させてもらってご理解いただけました。

わからないことをきちんと質問してもらえて、前向きな姿勢がとても嬉しく感じられました。我が家にも高校生がいますので、なおさらです。

そして、どうして意図したように伝わらなかったのか・・・と、あらためてネット上の原稿を読んでみました。

文章を題名も含めて最初から読んでもらえば伝わると思うのですが、パッと見て、目についた段落を読んでしまうと、確かに勘違いしてしまうかな・・・?

特に、スマホで読むと、そういう風になってしまう可能性は高いかもしれないと思いました。

若い人に読んでもらいたければ、スマホでの見え方にも配慮が必要なのだなぁと、あらためて思った次第。

質問の高校生に感謝です。

|

« ロマンスカー | トップページ | 次回も聴きたい! リカルド・サンドバル »

仕事は虹色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロマンスカー | トップページ | 次回も聴きたい! リカルド・サンドバル »