« edu sun(エデュサン)8月号 | トップページ | 帰国予定家庭の収支シミュレーション »

2017年9月 1日 (金)

セミの声が途絶えました

昨日、孫娘を保育園に迎えに行った帰り道のこと。
オナガ(たぶん)とカラスが鳴いていて、孫は少し用心気味。

昨年の春、カラスの繁殖時期に私と手をつないで歩いていたところ、後ろからやってきたカラスに私が頭を蹴飛ばされたからです。

本当はくちばしでつつくつもりだったのでしょうけれど、羽根の音が聞こえてとっさに首をすくめたら、足があたった次第。ちゃんと傷ができて、それなりに痛かったのでしたが、泣くほどのことはなく。けれど、孫娘には、カラスは蹴飛ばすものと言うふうにインプットされたらしく、カラスが低木に留まっていたりすると、歩道の反対側によけるくらいには用心しています。

話がそれました。

鳴いているつながりで、「あ、そういえば、セミの声が聞こえないねぇ」と、これまたグロテスクな姿に見えるらしいセミを嫌っている孫娘をからかうつもりで言ったところ、「夏が終わっちゃったねぇ~」としみじみ言われて、その物言いに驚いてしまったのでした。

空を見上げたら、雲が高くて秋の空。

今日も涼しい風が強めに吹いています。

|

« edu sun(エデュサン)8月号 | トップページ | 帰国予定家庭の収支シミュレーション »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« edu sun(エデュサン)8月号 | トップページ | 帰国予定家庭の収支シミュレーション »