« THE21「ペットにかかる費用」取材協力しました | トップページ | アヤシイ葉書 »

2018年9月29日 (土)

雨の日の配達

雨降りの中、郵便の配達がありました。書類が書留で送られてきたので、郵便受けではなく、玄関のチャイムが鳴らされて受け取ることに。

「雨の中をごくろうさま」と言いながらハンコを押すと、若い郵便屋さんは「そういってくださるだけでうれしくなります」と、本当ににこにこでした。

「一刻を争う郵便はウチには無いから、台風で(明日は直撃の予報です)大変な日は、次の日に回してかまわない」と伝えたところ、そういうわけにはいかないと説明してくれました。

先日は、食材を購入している生協の人にも同じことを言いました。めくれた雨合羽の内側まで濡れているし、合羽を着ているせいで暑いのか顔に汗が流れていて、何だか大変そう。通常よりも2時間以上遅れての配達だったので、雨で道は混んでいることと、トラックから降ろすにも雨と風で時間がかかるのだと思いました。

リスク分散という意味で、食材は生協だけで買っているわけではありません。配達が数日遅れても、食材は手元にあるようにしています。

配達日を守ってくれることは確かに助かるのですが、何やら申し訳ない気もしてきます。賞味期限が短いものは、あちらも保存に困ってしまうかもしれませんが、雨風が強い中、ケガでもされたら・・・と思うとやっぱり心配。

一人暮らしのお客様の中には、その日の食事が配達される方がいました。だから、絶対に当日の配達が必要なケースもあるでしょう。

当日の配達が絶対に必要なケースと、そうでないケースと切り分けられればいいのですけどね。データ管理が面倒かなぁ・・・

|

« THE21「ペットにかかる費用」取材協力しました | トップページ | アヤシイ葉書 »

徒然雑草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« THE21「ペットにかかる費用」取材協力しました | トップページ | アヤシイ葉書 »