« ご冥福をお祈りいたします | トップページ | ノバ・ボサ・ノバ »

2020年2月24日 (月)

最後の春

23日はYAO管弦楽団の定期演奏会へ。

ビオラのMさんからお誘いいただいたのでした。

ピアノ協奏曲があるというので、電子ピアノを楽しむようになった(習っているわけではないので弾けているわけではありません)孫を連れて、夫にも声をかけて3人で鎌倉芸術館へ。

エグモント序曲もグリーグのピアノ協奏曲もいい感じなのに、孫はじっとしていられない様子。座席の中でモソモソもそもそ・・・。仕方ないので休憩中に親子ルームに移動してブラームスの交響曲第3番を聴いたのでした。

アンコールは「最後の春」。

拍手が終わっての帰路、受付を通った際に曲名が貼られていました。

そうだ!グリーグの最後の春だ!

曲を聴いていたときに、この曲、知ってる・・・、あれ?題名何だっけ?ありゃ?セカンドVnが聞こえてくる、私、弾いたことあるぞ?

でも、いつ弾いたのかを思い出せません。横にいたのは誰だっけ?何となくまわりの顔が思い出されて・・・たっぷり15分が経った頃に思い出しました。

高校時代の恩師が亡くなった時、先生を偲ぶ演奏会で弾きました。2007年のことです。

そして、題名の「最後の春」は、最初「過ぎた春」「過ぎにし春」「終わった春」と表していたのに、「最後の春」が本来の意味を表しているということになってプログラムには「最後の春」と載せたのでした。

帰宅後、ネットで検索して聴いているのは「最後の春」。

明日は別の孫たちが遊びに来るというので、自宅での仕事の予定を繰り上げて徹夜状態です。朝までに終わらせないと孫の相手ができません。PCにイヤホンつなげて「最後の春」を繰り返し聞きながらセミナーの資料原稿を作っています。数字の羅列でちょっと疲れてきました。ちょっと楽しい曲も聴こうかな。

|

« ご冥福をお祈りいたします | トップページ | ノバ・ボサ・ノバ »

徒然雑草」カテゴリの記事

愛しの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご冥福をお祈りいたします | トップページ | ノバ・ボサ・ノバ »